2019年10月31日木曜日

■42ndストリート  ■四十二番街

□42ndストリート
■演出.脚本:マーク.ブランブル,脚本:マイケル.スチュアート,作詞.作曲:ハリー.ウォーレン,アル.ダビン,出演:クレア.ハルス,ボニー.ラングフォード,トム.リスター他
■東劇,2019.10.18-(イギリス,2018年作品)
■ライブビューイング(舞台をそのまま撮影して映画公開)作品? 迷ってしまいました。 それだけ凝っている。 ミュージカルを作成していく現場を描きながら後半は本番とその裏舞台を舞台上で演じていくからです。 もちろんピットには楽団が演奏していて客席には観客が声援を送る。 原作「四十二番街」はここまで迷わせない。
それより原作との一番の違いは主人公ペギーと怪我の為に役を譲ったドロシーの年齢差が大きいことです。 この差を人生経験として取り込むことでストーリーを豊かにしていた。 しかし踊子と歌手の違いが明白な二人は競争相手に見えない。 スリリングな展開は無理ですね。 「バークレイ・ショット」は言うことなし。
*松竹ブロードウェイシネマ作品
*映画comサイト、https://eiga.com/movie/91523/
□四十二番街
■監督:ロイド.ベーコン,脚本:ライアン.ジェームス他,原作:ブラッドフォード.ロープス,出演:ワーナー.バクスター,ビーブ.ダニエルズ,ルビー.キラー他
■(アメリカ,1933年作品)
■ある種のリアリズムを感じました。 作成してからの80年間がそれを熟成させたのかもしれない。 例えば主人公ペギーがタップダンスの練習をする場面で彼女ルビー・キラーの人生がチラッとみえる。 他の役者もちょっとした仕草や動きに彼らの生活や世間がみえる。 このようなリアリズムです。 それとストーリーに倦怠感がある。 本日観た「42ndストリート」はリアリズムも倦怠感も最早見ることができない。 現代ショービジネスに徹していました。
*映画comサイト、https://eiga.com/movie/50436/