2019年11月12日火曜日

■掬う

■演出:山田佳奈,出演:佐津川愛美,山下リオ,馬渕里何,千葉雅子ほか,劇団:ロ字ック
■シアタートラム,2019.11.9-17
■舞台下手にキッチンと言うよりは台所、その続きには安っぽいソファや机が置いてある。 冷蔵庫ドアには何枚ものメモが・・。 しかも演出家の挨拶に「初めての家族の話」と書いてある。 終幕には定番の喪服姿も登場する。 こういう芝居は実は避けたかった。 現実世界に戻されてしまうからです。
嫌な予感が当たりました。 夫婦喧嘩と兄弟喧嘩で満たされている。 親子喧嘩が少ないだけまだマシと考えなければいけない。 主人公である妹瑞江の両親が真面に登場しないからです。 父は入院中で母は離婚したらしい。 その代わり父の弟妹の登場で風景は20世紀中頃まで遡る。 でも見ず知らずの他人まで家に住み込みさせるのは驚きですね。 21世紀型家族の拡張でしょうか?
ともかく怒鳴り合い、泣き叫ぶ場面が多い。 菓子を食べ散らかす。 主人公の内なる言葉が壁に写し出されますが読む気のでない文字列です。 終幕、瑞江が離婚前の夫庸介と仲直りをして幕が下ります。 夫婦としては並みの和解ですが、登場人物たちが異常だった為まとも以上に見えました。 
瑞江(みずえ)の家族は社会の構造・制度を全く無視して閉じた世界を作っている。 そこで兄弟・夫婦は互いに侮言ギャグを連発していく。 台詞の断片は面白いが観ていて苦しい舞台でした。 唯一、夫庸介が真摯にみえた。 瑞江の世界が硬直していた反動でしょう。 叔母「猫のホテル」が家族をまとめようと頑張っていましたね*1。
この劇団は初めて観ます。 劇団名を「しかくじっく」と読んでいたのですが「ろじっく」が正解らしい。 フォントが□にみえていたからです。 観客は8割が男性で30歳前後が多い。 後方席はガラガラでした。 シアタートラムでこんなにも空席が目立つのは珍しい。 女性客を増やせれば席は埋まるはずです。
*劇場サイト、https://setagaya-pt.jp/performances/sukuu201911.html
*1、「このブログを検索」に入れる語句は、 千葉雅子

2019年11月11日月曜日

■やわらかなあそび

■演出・出演:谷口暁彦
■シアターグリ-ン,2019.11.9-10
■昨日は都合で行けなかった。 バーチャル空間で谷口アバターに会いたかったわよ。 今年のフェスティバル・トーキョーは先日観た「オールウェイズ・カミングホーム」とこの作品をスケジュールに入れておいたの。 1本で我慢!
*F/Tフェスティバルトーキョー19主催プログラム作品
*F/Tサイト、https://www.festival-tokyo.jp/19/program/soft-play.html

2019年11月10日日曜日

■オールウェイズ・カミングホーム

■原案:アーシュラ.K.ル=グウィン,演出:マグダ・シュペフト,テキスト&ドラマトゥルク:ウカッシュ.ヴォイティスコ,ドラマトゥルク:滝口健,出演:荒木亜矢子,稲継見保,鈴木奈菜,モニカ.フライチック他
■東京芸術劇場.シアターイースト,2019.11.8-10
■ダンス・音楽・映像そして身体動作や発声すべてに手製の匂いが感じられる。 例えばウースターグループをヒッピー化したような体現と言ってよいかしら? ニューヨークではなく西海岸の風が吹いている。 作品正題は「アーシュラ・K・ル=グウィン「オールウェイズ・カミングホーム」に着想を得て」。
ル=グウィンの人生生活をエッセイとしてまとめたようにも思える。 それは祖母や父、母という言葉が台詞にたくさん散らばっているからよ。 それに文化人類学を連想させる言葉もね。 北米インデアン等々の神話から採ったようなストーリーだが原作は読んでいないから流れがよく分からない。 肝心な場面にダンスが入る。 これはとても重要なはず。 人類の未来が過去に戻る(SFから神話への)円環の思想も感じられる。 熟してはいないけど、舞台が何であるのか感付いている舞台だった。
アーフタートークを聴く。 席は舞台下手から滝口健、作品翻訳の星川淳、マグダ・シュペフト、ポーランド語通訳、ウカッシュ・ヴォイティスコの5人。
シュペフト:作品には自然優位やフェミニズムが感じられ、現代のポーランド演劇の流れに逆を向いているので取り上げた。
ヴォイティスコ:これは一人の女性の成長物語だ。 マリンスキー(など人類学)も意識している。 濃密な世界をシンプルな言語で表現している。 600頁の原作は人類2万年後の世界を描いていたが15頁にして地球温暖化など自然災害を加えた構成にしている。
星川:15頁でもル・グウィンの思想が体感として伝わってきた。 お見事! フェイスブックにも載せたから読んでくれ。 「二つ巴」のマークが写し出されていたが過去と未来を表している。
シュペフト:一人の女主人公を6人の役者で演じているが、ここに演劇の魂をふき込んだ。 作品の音楽CDは使わず役者たちと作曲した。 映像は具体的な自然風景を流し続けて自然も主役という考えを表した。 以上がトーク概要。
久しぶりにル=グウィンに会えて楽しかったわよ。 1970年頃の彼女の作品を思い出させてくれた。
*F/Tフェスティバルトーキョー19主催プログラム作品
*F/Tサイト、https://www.festival-tokyo.jp/19/program/always-coming-home.html

2019年11月8日金曜日

■終わりのない

■演出:前川知大,出演:山田裕貴,安井順平,浜田信也,盛隆二,森下創,大窪人衛,奈緒,清水葉月,村岡希美,仲村トオル,劇団:イキウメ
■世田谷パブリックシアター,2019.10.29-11.17
■原点はホメロスの「オデュッセイア」らしい。 終わりのない人類の旅には円形舞台が似合っている。 物理学の不思議な現象を絡ませながら主人公ユーリがパラレルワールドを行き来しながら人間として成長する物語のようだ。
時空を超えた宇宙の広さを感じながらストーリが展開するのはなんとも気持ちが良い! はたして手塚治虫の「火の鳥」をパラレルに思い浮かべながら観てしまった。 ロボットの反乱、日本の地形風景と同じ天体の存在等々はSFの定番である。
しかし漂流した地球人エイがホワイトホールの向こう側に来たことを地球人に伝えてくれとユーリに頼むのはシンドイ。 これを見ながらクリストファー・ノーラン監督の「インターステラー」で本棚から本を落として伝える場面を思い出してしまった。 後者は時空を超えた感動が押し寄せてくる。 (ぅぅ、話が逸れだした・・)。
加えて現代量子論を持ち込むと厄介が増える。 物理学者を登場させ量子論を言葉で展開したが、解説抜きで意識と無意識・個と全体を巧く繋がせたいところだ。 ところでアンが登場した時にユーリに向かって「あなたを助けに来た」と言っていたが、助ける場面を見過ごしてしまったかな? そのユーリ役山田裕貴がエッジの効いたイキウメ俳優と違った柄をもっていたので新鮮に見えた。
この舞台はSFの世界に入り込み過ぎてしまったと思う。 色々なSF作品を思い浮かべてしまい収拾がつかない(誉め言葉)。 ユーリが泣き出してしまう終幕は彼の意識の覚醒からくる人類の(宇宙での)孤独を感じる。 日常世界からみると彼の青春の終わりにもみえる。 しかし泣いてばかりいてもしょうがない。 泣いている時間も長すぎた。 ここは21世紀版「幼年期の終わり」を目指してもよいのだが。 ・・終わりの話ばかりになってしまった。 終わりのない旅こそ人類の希望かもしれない。
*劇場サイト、https://setagaya-pt.jp/performances/owarinonai20191011.html
*「このブログを検索」に入れる語句は、 前川知大

2019年10月31日木曜日

■42ndストリート  ■四十二番街

□42ndストリート
■演出.脚本:マーク.ブランブル,脚本:マイケル.スチュアート,作詞.作曲:ハリー.ウォーレン,アル.ダビン,出演:クレア.ハルス,ボニー.ラングフォード,トム.リスター他
■東劇,2019.10.18-(イギリス,2018年作品)
■ライブビューイング(舞台をそのまま撮影して映画公開)作品? 迷ってしまいました。 それだけ凝っている。 ミュージカルを作成していく現場を描きながら後半は本番とその裏舞台を舞台上で演じていくからです。 もちろんピットには楽団が演奏していて客席には観客が声援を送る。 原作「四十二番街」はここまで迷わせない。
それより原作との一番の違いは主人公ペギーと怪我の為に役を譲ったドロシーの年齢差が大きいことです。 この差を人生経験として取り込むことでストーリーを豊かにしていた。 しかし踊子と歌手の違いが明白な二人は競争相手に見えない。 スリリングな展開は無理ですね。 「バークレイ・ショット」は言うことなし。
*松竹ブロードウェイシネマ作品
*映画comサイト、https://eiga.com/movie/91523/
□四十二番街
■監督:ロイド.ベーコン,脚本:ライアン.ジェームス他,原作:ブラッドフォード.ロープス,出演:ワーナー.バクスター,ビーブ.ダニエルズ,ルビー.キラー他
■(アメリカ,1933年作品)
■ある種のリアリズムを感じました。 作成してからの80年間がそれを熟成させたのかもしれない。 例えば主人公ペギーがタップダンスの練習をする場面で彼女ルビー・キラーの人生がチラッとみえる。 他の役者もちょっとした仕草や動きに彼らの生活や世間がみえる。 このようなリアリズムです。 それとストーリーに倦怠感がある。 本日観た「42ndストリート」はリアリズムも倦怠感も最早見ることができない。 現代ショービジネスに徹していました。
*映画comサイト、https://eiga.com/movie/50436/

2019年10月28日月曜日

■VORTEX 渦動

■振付:テロ.サーリネン,音楽:Be-bing,出演:韓国国立舞踊団,Be-being
■神奈川芸術劇場.ホール,2019.10.25-27
■影絵から始まる不思議な舞台だ。 影絵は半透明カーテンやスモッグを使用して影を立体的に空間へ写し出す。 この劇場で上演した「フィーバー・ルーム」*1と手法が近い。 これから自然や神を意識した作品に思えた。 そこに古典器楽や大陸系のおおらかな動きを見ていると東アジアの光景が近づいてくる。 そしてパンソリのような歌唱が混ざると当に韓国伝統芸能が出現する。 しかし途中にデュオが夫婦喧嘩(?)をしている場面があり戸惑ってしまった。 歌詞に日本語字幕が付けば凡その流れが分かったのだが・・。 扇子を広げたような衣装で踊る姿はエリマキトカゲだ。 振付が最後まで大味で飽きが来たがフィナーレは圧巻だった。 韓国の神話や歴史を詰め込んだ舞台にみえる。 ここにフィンランドの振付家テロ・サーリネンが現代を挿入して複雑にしてしまったようだ。 もちろん複雑な流れは面白く観ることができた。
*1、「フィーバー・ルーム」(アピチャッポン.ウィーラセタクン,2017年)
*劇場サイト、https://www.kaat.jp/d/vortex

2019年10月27日日曜日

■梁塵の歌

■演出:北村明子,ドラマトゥルク:マヤンランバム.マンガンサナ,音楽:横山裕章,出演:柴一平,清家悠圭,川合ロン,西山友貴,加賀田フェレナ,岡村樹,ルルク.アリ
■シアタートラム,2019.10.25-27
■「梁塵秘抄」を先ずは思い出してしまうタイトルかな? 遊びをせんと生まれけむ・・。 ダンスもこれでありたい。
舞台はよりシンプルになっている。 時々座る立方体の箱しか置いていない。 それは対話にダンサー達を集中させようとしているから。 動作と発声が互いに絡み合って一瞬の関係性を積み上げながら生活身体を出現させていく。 ダンサー達はスローモーションで入退場を繰り返し身体の記憶を固めていく。 地を踏む足の力強さが特に強調されていたわね。
マンガンサナの伝統音楽ペナ(?)もダンサーの波長と一致していて無理がない。 3回ほど登場して歌う場面も計算されていた。 数十枚もの写真が早回しで写し出されたのも悪くはない。 でも映像は強いから舞台が中断されてしまった。 むしろ最初に写すのはどうかしら?
東南アジアの若者を描いた青春群像舞踊にもみえる。 ダンスを観る喜びが湧き出てくる舞台だった。
*劇場サイト、https://setagaya-pt.jp/performances/ryoujinnouta201910.html
*「このブログを検索」に入れる語句は、 北村明子

2019年10月25日金曜日

■花と爆弾、恋と革命の伝説

■作:大森匂子,演出:西山水木,出演:牧野未幸,岩原正典,成田浬,岩野未知,井出麻渡,葵乃まみ,劇団:匂組
■下北沢OFFOFFシアター,2019.10.23-27
■大逆事件の一つ「幸徳事件」を題材にした作品なの。 主人公は桃色歯茎が覗く笑顔の素敵な菅野すが。 彼女の人生後半から描き始め、そこに荒畑寒村と幸徳秋水を登場させ三つ巴の物語が展開していく。 男性関係から彼女の恋愛・結婚・家庭の考え方が少しずつ見えてくる。 和歌山から京都そして東京へ淡々と場所と時間を下っていくのでリズミカルな舞台に仕上がっていたわね。
花束に爆弾を仕込んだ彼女の天皇暗殺は、秋水の雑誌発禁の罰金額の多さから計画したようにみえる。 しかし社会主義運動を通して彼女の根底にあった婦人解放運動の進化がそれを遂行させたはず。 男性から差別されている女性を<虐げられた者>と位置づけて彼女はこう叫ぶ。 「・・主義者の男達を天皇もろとも爆破する!」と。 女性差別の主因の幾つかは天皇制に繋がっているからよ。 菅野すがの行動は現代でも色あせていない。
そしてもう一つの大逆事件である「朴烈事件」の「烈々と燃え散りしあの花かんざしよ」(新宿梁山泊,2019年)も同じように主人公の金子文子が頼もしいわね。 即位式に合わせて天皇を考える舞台が幾つも上演されるとは演劇界も捨てたものではない。 「治天の君」(チョコレートケーキ,2016年)も再演しているし。 ところで話を戻すけど選曲が舞台進行とマッチしていなかったわよ。 
*劇団匂組第6回公演
*CoRichサイト、https://stage.corich.jp/stage/100824

2019年10月23日水曜日

■男たちの中で In the Company of Men

■作:エドワード.ボンド,翻訳:堀切克洋,演出.台本:佐藤信,出演:植本純米,下総源太朗,千葉哲也,松田慎也,真那胡啓二,龍昇
■座高円寺,2019.10.18-27
■客席の7割は20歳台後半から30台女性が占め男性は殆ど60歳以上かな。 社会派女流演出家の舞台ではこの比率が多いのだが・・!?
前半は登場人物の紹介だが時間が経つのも忘れるほど緊張ある対話が続いていく。 先ずは銃器製造会社社長で堅実なオールドフィールドとその養子レナード、そのレナードは続けて会社破産した遊興好きのウィリー、農産物加工経営者で策略家ハモンドと会い経営話題を劇場内に響かせる。 そこにオールドフィールドの秘書ドッズ、使用人で原子力潜水艦乗組員だったバートレイが薬味を効かせる。 レナードがドッズとハモンドの罠に掛かり父の経営を危うくしてしまうのが見せ場だ! 後半になって父はそれを知る・・。
休憩後は徐々にリズムが崩れだした。 レナードが何を考えているのか分からなくなってきたからである。 彼のような<坊ちゃん役員>は同族経営でも大企業では淘汰されるが中小企業では生き残れる。 難しくしている一つに彼が養子だということだ。 よく話題になる母のことを彼自身にどう付け加えたらよいのか悩んでしまった。 配布資料に「・・彼はハムレットだ」とあったが略当たりと言えよう。
そしてオールドフィールドを銃で殺そうとするのも、終幕の自殺も感動のない驚きである。 それは彼が「(資本主義とは)違う真実を啓示し・・、他の男たちにそれを語らせ、・・キリスト教の聖人のごとく行動する」からである。
しかし周囲の男たちの語りも愚痴にしか聞こえない。 それは酒である。 (ハロルド・ピンターと違うのは)登場人物が酒に溺れてしまうことである。 作家が創作時に登場人物を酔わせてしまうと舞台上の役者の言葉も酔った意味を含んでしまう。 飲んでも酔わないピンターは強い。
科白の中で「新自由主義」が聞こえたが、レナードは80年代サッチャー新自由主義を詩人になって否定したかったのだろうか? 資料に「ボンドからの手紙」が載っていたがジョンソン時代に手古摺っているようにみえる。 再び酒に溺れるか詩人になるしかないのか?
*座高円寺<新>レパートリー作品
*劇場サイト、https://www.za-koenji.jp/detail/index.php?id=2170
*「このブログを検索」に入れる語句は、 佐藤信

2019年10月21日月曜日

■地上の天使たち When Angels Fall

■演出:ラファエル.ボワテル,照明:トリスタン.ボドワン,音楽:アルチュール.ビゾン,衣装:リルー.エラン,出演:カンパニー.ルーブリエ
■世田谷パブリックシアター,2019.10.18-20
■黒っぽい舞台が印象に残りました。 全てが無彩色です。 Zライトを大きくしたような照明器具を動かしながらスポットで役者を照らし出す。 スモッグも使う。
マネキンの仕草、パントマイム、新体操らしき動き、オノマトペ、老婆も登場しシャンソンも聞こえてくる。 そして吊り下げられた棒や梯子に乗り空中を飛び回る。
サーカス小屋に居るようです。 20世紀前半から時を越えてやって来たのではないのか? 海外の劇団や舞踊団にはこのような驚きを持つ舞台によく出会います。 今回もです。 前面に現れるのは旧式機械や古道具ばかりで役者たちの身体動作も粗く人懐っこい。 客席から静かな笑いと子供たちの声だけが響く。 静かな笑いは小屋ではなく劇場だからでしょう。
「地上の天使たち」は意味深ですね。 舞台からの気配でその存在を感じました。 天使が何者なのかは知りませんが、この種のテーマは映画や舞台ではよく見かけますから。 
*世田谷アートタウン2019関連企画作品
*劇場サイト、https://setagaya-pt.jp/performances/20190710angels.html