2019年8月31日土曜日

■マクベス

■作:W.シェイクスピア,演出:ルーファス.ノリス,出演:ロリー.キニア,アンヌ=マリー.ダフ他
■シネリーブル池袋,2019.8.30-9.5(オリヴィエ劇場,2018.5.10収録)
■演出家は挨拶で「核戦争後の風景ともいえる・・」。 核後の舞台作品は数多あるがナショナル・シアターもここに辿り着いたのね。 美術の出来栄えも良い。 ゲリラ調の衣装が似合う。 戦う場面が多いから科白も短く「マクベス」独特のリズムが生きていた。 夫妻も、特にロリー・キニアは言うことなし。 マクベスの心の揺れが性格や育った環境をも伴って直截に伝わってくる。
でも何かが不足している。 この理由を考えながら観ていたけど・・、たぶん国家や軍隊とマクベスの関係が薄い為だと思う。 正規軍は溶けてしまい国王への忠誠も信じられない核戦争後の世界だから? ストーリーが生き残った地域のゲリラ抗争にしかみえない。 「英雄伝」「年代記」の史劇的悲劇から外れてしまったからよ。 でも現代的軍隊が登場しなかったのは嬉しい。 NT得意の軍隊はウンザリしていたの。 演出家の言う「詩的に描く」世界は出現したかな。 観終わった時、三人の魔女に操られるマクベスの人生が詩的にまとめられていたのは確かね。
*NTLナショナル・シアター・ライヴ2019年作品
*映画comサイト、https://eiga.com/movie/90565/