2013年8月28日水曜日

■前向き!タイモン

作・演出・振付:矢内原美邦,出演:ミクニヤナイハラプロジェクト
こまばアゴラ劇場,2013.8.22-9.2
ダンスというより演劇に近い。 想像していた内容の観後差は近年で最大だ。 俳優3人は早口の科白とそれに合わせた動作を終幕迄続け、いつもと違う矢内原世界を舞台に展開している。 早口で喋る台詞は身体動作と共鳴し一種の詩のように聞こえる。
しかし速さのある喋りと動きが一定のリズムで長く続くので途中飽きてしまった。 上演を1時間にすれば観客身体も共鳴しっぱなしにできる。 岸田國士戯曲賞受賞作らしいが戯曲を読めば演劇、読まないならダンスというところか。 結果、これはダンスである。