2012年6月21日木曜日

■宮本武蔵

■作・演出:前田司郎、出演:五反田団
■三鷹市芸術文化センター・星のホール、2012.6.8-17
http://stage.corich.jp/img_stage/l/stage27651_1.jpg?1409095264
■子供の性格の一部をそのまま引きずってしまったような武蔵だわ。 他人と付合う距離が分からないの。 正規の剣術なんて関係無い。 だから背後から切る、寝ているところを石で殺す、なんでも有りね。  太宰治の小説に登場させても様になる武蔵よ。
しかもすべての役者が同類なの。 セリフも途切れ途切れで指示代名詞も多く文章の体をなしていない。 今の人間関係をいい線で誇張しているから観客がくすくす笑うわけね。 でもこの独特なセリフでは1シーンが長すぎる感じがする。
だから続けてみていると飽きてしまうの。 場面を短くして切り替えを早くするとずっと良くなるわ。 前半は今の展開速度でいいけど少しずつ早めていくと面白い舞台になるはず。 そして上演時間を1時間半までに縮めることね。