2012年3月4日日曜日

■天守物語

■演出:成井市郎・坂東玉三郎,出演:坂東玉三郎,市川海老蔵
■109シネマズMM横浜,2012.1.21-2.10(歌舞伎座,2009.7収録)
■とてもピュアな舞台です。 役者たちの背後に泉鏡花が隠れているようです。 玉三郎を初めてジックリみましたが、鼻の先が少し丸まっているのがいいですね。 これで女形が生きるのだと知りました。 図書之助の海老蔵は抑えて抑えていて最高です。
声が劇場空間を伝わって来るようで言葉の一つ一つが脳に響きます。 わらべうたのとおりゃんせもとても効いています。
このスレにもMETの感想が載っていますが、歌舞伎シネマを観るとMETの音響の悪さに気がつきます。 役者の声で劇場の大きさが分かるようでなければ良い音とは言えません。 METはオペラですからもっと技術をつぎ込んで欲しいですね。
数カ所編集しているようでしたが省かないで幕が開くところから上映して欲しい。 残念ながら舞台を映画に撮ったものは劇的感動はやってきません。 むしろ映画的感動というものかもしれません。 でもこの感動が有るのでしたら下手な芝居より楽しいです。
*シネマ歌舞伎第15弾作品
*作品サイト、http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/17/#sakuhin