2019年9月29日日曜日

■幽玄

■演出・出演:坂東玉三郎,出演:太鼓芸能集団鼓童,花柳壽輔ほか
■東劇,2019.9.27-10.17(博多座,2017.9収録)
■玉三郎は<楽しい幽玄>を創った。 「羽衣」「道成寺」「石橋」を繋げた構成だ。 鼓童の打楽器が前面に出ている。
先ずは「羽衣」を見て、何だこれは!?と唸ってしまった。 能のようで能ではない、歌舞伎のようで歌舞伎ではない、パントマイムにもみえる。 「羽衣」は能に近い舞が長いから違和感があったのだと思う。 しかし「道成寺」で俄然面白くなってきた。 白拍子が鼓童とリズムが同期しだした。 蛇のヌメッとした色艶も迫力がある。 続いての「石橋」の獅子舞は打楽器の豪快さを取り込んでいく。 5頭の連獅子(?)だ。
幽玄世界が激しいリズムで吹き飛んでしまったようにもみえる。 笛や箏が入ると和む。 コロスとしての地謡も動きが規則的すぎる。 しかし玉三郎の豪華な装束と舞がこのリズムを捕らえて見たことのない舞台を出現させた。 これを<楽しい幽玄>と名付けてもよい。
*シネマ歌舞伎特別編
*作品サイト、https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/41/
*「このブログを検索」に入れる語句は、 坂東玉三郎