2015年6月15日月曜日

■白鳥の湖

■音楽:P・チャイコフスキー,振付:M・プティバ,プティバ,演出:牧阿佐美,指揮:A・バクラン,出演:長田佳世,奥村康祐,新国立劇場バレエ団
■新国立劇場・オペラパレス,2015.6.10-14
■梅雨時の白鳥は白が映えていいわね。 去年は2月だったけど、この作品は今の時期に観るのがベストよ。 しかも楽日だからリラックスできる。 長田佳世は3幕のオディールになってからほぐれてくるの。 主人公にとっては初日だけど、長距離種目だから演出の影響もあるはず。
何度も観る定番作品は舞台に身を任すようになるから恍惚感がやってくるの。 お坊さんの読経と同じ感じかしら? チャイコフスキー三大バレエと浄土三部経は兄弟作品かもしれない。
*NNTTバレエ2014シーズン作品
*劇場サイト、http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/swanlake/